2012年9月25日火曜日

暮らしの手帳


時間を丁寧に使うと言うのは私の今の課題である。
最近この歳になってようやく工芸や民芸、そしてテマヒマと言うものに
興味がある。

この慌ただしい毎日の中で時間をいかに丁寧に使えるか、品よく
限られた時間の中で相手をもてなすかとか・・・・

はずかしながら、こう感じたのが最近で、こう感じて生きていくと
案外人生は楽しくてドキドキする。

自分の性格で余裕を持つことは出来ないが、時間を丁寧に使う
ことは出来るんじゃないかな・・・?

あと、インターネットで検索してすぐ答えを見つけるより自分で感じて
行動して知る、分からなかったら相手に聞くとか・・・
すぐに答えがほしいと思うかもしれないけど、
自分がなぜそれをいいと思ったかとか、ちゃんとゆっくりでいいから
自分の言葉に変えてゆくことが大切でまだまだだけど
「空気」とか「感覚」とか大切にしていきたい。

最近、近所の恵文社に行くと頭がリセットされることを知りました。




2012年4月15日日曜日

shigaraki


信楽に5年ぶりに行きました。
目的はイケムラレイコさんに会うためです。

イケムラレイコさんは現在陶芸の森でレジデンス中です。しかしもうすぐ帰られるということなので
私はこの機会に伺いお話をさせて頂きました。

すごく素敵で魅了的な方で、好奇心があり話せば話すほどますます好きになりました。
女の子の寝てるシリーズの話も東京国立近美の話もいろいろ聞けました。
ずっとドキドキしていました。オーラがすごかったです。

そして、今回この信楽では多くの出会いもあり、また偶然にもいろんな方々に再会してとても
嬉しかったです。
やはり、その中でも夜中までレジデンスをしてる作家さんと交流出来たのはとても刺激になりまた。
そして久しぶりに自分の作品の解説を英語と日本語で話し、他の作家さんの作品も沢山見せて
頂いて本当によい経験が出来ましたありがとう。

まだまだだけどよい今年度のスタートがきれました。

2012年3月7日水曜日

reset







 私の学びの町、金澤に頭を冷やしに行きました。

 この町の速度はとてもゆっくりで朝一杯の珈琲をドリップで入れる幸せ
とか、食と酒に感動出来たりとか私の琴線に触れるものたちが数多く存在します。
なにもかもがゆっくりで時間の経過もゆっくりしています。


一日一日に対して広い視野で、私がこころがけてること
「まいにちていねいに」 です。
これは、金澤にある映画のようなおみせひらみぱんの亭主のこころがけの
言葉です。